坐骨神経痛の予防法

安静にしていても、多少痛みが続いていることが多く、長時間の歩行で痛みが生じることもあります。せき、くしゃみなどでも痛みが響く場合はかなり重症なところまで症状が進んでいる可能性もあります。痛み方は圧迫感や放散痛、電撃的な痛みなどと表現する患者さんもいますが、本当に人によってさまざまです。痛みだけでなく下肢がしびれたり、知覚がにぶくなることや歩行障害などもみられることもあります。あおむけに寝て、まっすぐのばした下肢を垂直に近くなるまで上げていくと太ももの裏側に激しい痛みがおこります。坐骨神経痛を改善するためには、まず日常生活を見直すことが重要です。もし肥満ぎみだと、腰に負担をかけるので痛みがいっそう増します。もし規則正しい生活を送れば、予防することもできます。まずは予防法の大前提として腰に負担をかけないことが第一です。また過度に重いものを持つことは避けるようにしましょう。自分の体重ももちろん腰への負担となります
[PR]
by zako2shinkei | 2010-02-03 14:18


坐骨神経痛にツボ治療がいい >>